みんなのえがお商会

何度も同じ話をしてくる認知症の方への対応。こんな案はどうでしょう2

お問い合わせはこちら

何度も同じ話をしてくる認知症の方への対応。こんな案はどうでしょう2

何度も同じ話をしてくる認知症の方への対応。こんな案はどうでしょう2

2022/03/28

こんばんは、みんなのえがお商会です。

 

同じ話をしてくる認知症の方への対応。こんな案はどうでしょう 2

 

また同じ話か!はぁーと思うより、これをどのように面白く出来るか、楽しく出来るか、もちろん、自分も認知症の方も。在宅で介護しているのであれば、認知症の方のことはよく分かっていると思います。これは食いついてきそうだなという話題を振るのです。

「そいえば、力道山って今どこに居るの?」とか。

「今度ケネディー大統領が来るらしいよ」とか

「服買いに行こう」とか

「ベートーヴェンの頭はあれは寝ぐせかね?」とか

 

反応を示して「力道山なんてもう死んでるわ」

何で死んだの「客にナイフで刺されたのが原因だ」

なんで客が差してくるの「そんなの知るか」

えっ?現場に居たの?「いたよ、刺されるところみてた。痛そうだったわ」

スマホがあれば動画撮れたね。「スマホなんか知らんわ」

 

「じゃあ、ケネディの娘も来るかね、娘に私の似合う服を選んでもらう」

「えっ、お母さん、私が選んであげるよ」

「あんたはセンス無い」

 

突拍子の無い質問を投げ掛ける。認知症の方が、質問に出てくる人や物、場所をよく知っている、その道に精通している事柄と。全く知らない事柄、「例えばBTSってかっこいいよね」とか「プーチンっていったい何者?」答えの内容が事実か事実じゃないかとか間違っているあっているというのは関係ないんです。認知症の方の発想を楽しむのです。そして、あとから振り返ってみて、その言葉のあやから認知症の方の心の状態を察します。認知力の状態を分析します。

言葉遊びを楽しむことに徹することが重要かな。こちらが楽しい雰囲気でいれば認知症の方にも楽しさが以心伝心しますので。

 

今日もありがとうご財増した。おやすみなさい

----------------------------------------------------------------------
みんなのえがお商会
〒444-0313
住所:愛知県西尾市上矢田町神明寺61 さくら荘2A号室
電話番号 :0563-77-6377


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。